ダイエット方法、運動なしで痩せるためには生活習慣を見直そう

ダイエットの方法、運動なしで痩せるために見直す生活習慣

「ダイエットのためには運動を20分以上続けないといけない」とよくいわれているので、痩せるためには運動をしないといけないと思っている人も多いと思います。ですが、ある事を改善すれば特別な運動をしなくても痩せることができます。

そのある事とは生活習慣の改善です。ほとんどの方が生活習慣の乱れによって、痩せにくい身体になっていることが多いです。今回は、生活習慣を改善する方法をご紹介します。

生活習慣を改善して痩せやすい身体になろう

運動しないで痩せるダイエットは生活習慣の改善です。今日からできる生活習慣の改善方法についてご紹介していきます。

水を1日最低2リットル飲む

水を1日最低2L飲みましょうと聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。そんなに飲む必要があるのかな?と思う人もいますよね。人の身体の60%が水分です。1日に消費される水分は2〜3リットルと言われています。汗や肌から蒸発するのが1リットル。便や尿などで排出されるのが1.3リットル。何もしていなくてもこれだけの水分が消費されていきます。

放っておくと脱水症状などに陥る危険性があるので、1日2〜3リットルの水を飲む必要があります。飲み方の注意として一気に飲まない事です。1日に何度かに分けて水を飲むようにしましょう。朝起きたら飲む、お風呂の前に、お風呂の後に、夜寝る前にという感じでこまめに飲むのがポイントです。さらに冷たい水ではなく常温の水を飲むようにしましょう。冷えた水を飲むと血管が収縮して、血液の流れがにぶくなります。そうなるとむくみが発生してしまうのです。水を飲む事で老廃物を尿や便と一緒に身体の外に排出します。水を飲む事でそれを促進することができるのです。

湯船に20〜30分間は浸かる

面倒だからとシャワーで済ませるという人も多いです。これでは痩せやすい身体になりません。湯船に浸かると「身体がリラックスし、入浴後眠りにつきやすくし、いい睡眠がとれる」というメリットがあります。

さらにシャワーではなく湯船に浸かるこで身体の芯まで温まります。身体の芯まで温まれば、内蔵が温まるので便秘改善の効果も期待できます。お風呂に入っていると汗をかくので、コップ一杯のお水をちびちび飲みながら入るとさらにいいでしょう。

さらにすごいのが消費カロリーです。30分入浴すると300〜400カロリーが消費されます。これは同じ時間ランニングしたときと同じ消費カロリーです。運動するよりも効率的に消費ができます。入浴をしっかりしていれば、よく眠れます。よく眠れれば、眠っている間に消費されるエネルギーも増えます。この習慣を繰り返していくことで痩せやすい身体を作っていくので、ぜひ取り入れていきましょう。

入浴後1時間以内に寝る

体重が減るのは日中の活動だと思っている人もいますが、実は寝ている間にも体重が減るのです。これは、人は眠るとまずは脳を休ませ、次にメンタル面のケアをして、そして内蔵や筋肉など身体の修復を行います。最後の内蔵や筋肉の修復を行うときにエネルギーを消費することで、結果的に脂肪が燃焼するのです。

だから寝ていないと、脳も休まらないし、メンタル面のケアもしないし、内蔵や筋肉の修復も行われないのです。当然エネルギーの消費もされません。身体に脂肪が蓄積され、痩せにくくなってしまうのです。

入浴後、だらだらとテレビを見てしまったり、スマホやパソコンを触って夜更かしする人がいます。せっかく入浴して寝やすい状況になったのに、これでは眠りを妨げてしまいます。そうならないように入浴後、1時間以内に寝るようにしましょう。

まとめ

運動なしで痩せるには生活習慣の改善が大切です。そのためにあなたの生活のなかで取り入れやすい方法を実行してみてください。まずはやってみること、そして継続してやってみることで、痩せやすい身体になっていきます。ぜひ取り入れてみてみましょう。

ダイエット方法|お腹周りがみるみる痩せる効果的な3つの運動

ダイエット方法|お腹回りがみるみる痩せる効果的な3つの運動

「体は細身なのにお腹だけぽっこりしている…」「30代を超えたあたりから腹筋にお肉がつきはじめた…」「最近お気に入りのジーンズのお腹の部分がキツくなってきた…」お腹周りに関して、そんなお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

お腹周りは体の中でもっとも痩せにくいと言われています。太ってしまうと、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病になりやすく健康に悪いのはもちろん。見た目が悪いし、せっかくオシャレしていても台無しですよね。

たしかにお腹周りは痩せにくいのですが、実は運動の方法次第ではみるみるうちにお腹周りを痩せさせることは実現できると思います。
今回はお腹周りをやせさせたい!というあなたにおすすめの運動を紹介します。

短い距離のダッシュは、普段使わない筋肉を鍛えられる

まずおすすすめの運動といえば、ダッシュです。ジョギングやランニングなどは痩せる運動としてイメージされやすいですが、ダイエットの運動としてダッシュをイメージする人は少ないでしょう。小さい頃はダッシュをよくやっていた人もいるでしょうが、大人になってからはあまりしない運動です。

ダッシュを何十本もする必要はありません、数本だけでもいいんので走ってみてください。距離は20メートル〜30メートルなどの短い距離で大丈夫です。

停止した状態から走り出すことは普段なかなかやらない動作です。普段使わない筋肉を使うので瞬発力を鍛えられるのです。運動靴さえあればすぐに始めることができるのでオススメの運動です。

鉄棒は全身の筋肉を使うので、腹筋痩せに効果的。

鉄棒も子どもの頃はやっていたけど、大人になるとやらなくなる運動です。まずは前回りや逆上がりなどベーシックな動きをやってみます。おそらくほとんどの人ができなくなっています。鉄棒なんて簡単だろうと思っている人ほど、できない自分に衝撃を受けることになるでしょう。

鉄棒は簡単なように思われるかもしれませんが、全身の筋肉を使わなければ回ることができません。自分の体を空中に押し上げ、さらに回るのですから、腕や肩、背中やお尻、お腹や脚など、全身の筋肉をうまく使わないといけません。

鉄棒は簡単なように見えて全身の筋肉を使うので、腹筋痩せに効果が出やすい運動です。

子どもの頃に簡単にできていた運動も、大人になってやってみると難しく感じるでしょう。こういった運動をやってみることで、新鮮な気持ちになれるという効果もあります。

格闘技系のエクササイズは楽しく痩せられる運動。

どんな運動でもそうですが、たとえ痩せられるからといって、楽しくなければ続けられないものです。
痩せられるからといって筋肉を鍛える運動だけでなく、少しゲーム性がある運動もチェックしてほしいです。

それは、格闘技系のエクササイズです。最近では、ワークスタジオやスポーツジムのスタジオで空手やボクシングなどの武術をベースにした動きに音楽にあわせてエクササイズするところも増えており、若い女性などを中心に人気が高く、参加される方も多く見られます。本格的な格闘技に抵抗がある人も、格闘技系のエクササイズならすんなりと受けられやすいはずです。

こうした運動では、音楽に合わせて自分の体を動かして運動するので、リズム感や柔軟性を養われます。さらに左右対称に筋肉を鍛えられたり、ゲーム性があり飽きない、上達しているのがわかること、雨などの天候に影響されないといったポイントがあります。格闘技系のエクササイズは、運動を続けられない人でも、楽しく運動ができるのでおすすめです。

まとめ

お腹痩せのためには、運動がかかせません。お腹痩せの運動として腹筋をイメージする人も多いですが、長く運動することを考えるとおすすめできません。長く運動するには、楽しく続けられるようにすることがとても重要ですよね。

短い距離をダッシュする運動、鉄棒を使った前回りや後ろ回りなどの運動、格闘技をベースに音楽に合わせた動きがあるエクササイズと3つの運動を紹介しました。ぜひ、お腹痩せしたい皆さんは、一度、記事で紹介した運動をチェックしてみてください。

▼よく読まれている記事
グリッドフォームローラーで肩こり・腰痛が改善!最高に気持ちいい