グリッドフォームローラーで筋膜リリース!肩こりや腰痛に効く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

グリッドフォームローラーの正目

どうも、肩こり・腰痛に悩まされて10年になる長瀬です。

仕事がIT系なので、1日中座りっぱなしで腰や背中、首こり、肩こりに悩まされています。ジムのインストラクターからすすめられたグッズがすばらしいのでみなさんに紹介します。使ったあと全身がめちゃほぐれて気持ちいアイテムなので今では手放せない必需品です。

今までこういったグッズを買ったことがないし、値段が少し高いので、購入を躊躇(ちゅうちょ)したのですが、
インストラクターがめちゃくちゃ推してくるので購入してみました。

グリッドフォームローラーはストレッチポールと同じように長細いポールです。ポールの上に乗って背中、お尻、胸などをコロコロします。

ストレッチポールを使っても体のマッサージはできますが、グリッドフォームローラーは、ボコボコとしたグリッド状の突起があって、この突起がこりを刺激するのが一番の特徴です。

「トリガーポイントを」刺激する

グリッドフォームローラーのことをネットで調べてみると「トリガーポイント」「筋膜リリース」という言葉がたくさんでてきます。

トリガーポイントとは?原因不明の痛みの大半はトリガーポイントにある

そもそもトリガーポイントは、ざっくり言うと痛みを引き起こす引き金(トリガー)となるしこりがあるポイントということです。刺激すると痛いのではツボに似ていますが、体を動かしたり筋トレをすると筋肉に疲れがたまって筋肉が硬直してる箇所のことをトリガーポイントと言うのです。

筋膜リリースに効果的!

コリの原因になっているのが「筋膜」です。筋トレしたり運動をすると疲れがたまり筋膜が硬くなります。放置していると痛みを引き起します。

筋膜リリースとは、硬くなった筋膜を緩めるストレッチ方法でマッサージなどの圧をかけて筋膜を緩めます。常日頃から体のケアとして筋膜をリリースをすることで、体をスムーズに動かしたり疲れの解消につながります。運動好きなら可動域のアップや怪我の防止になりますね。

グリッドフォームローラーのどこがいいの?

ジムのインストラクターが一番強くオススメしてくれたのが、「トリガーポイントを刺激しながら、体をほぐしてくれる」そこがポイントですよ!ストレッチポールを使えば、体をほぐすことができますがトリガーポイントを刺激するには、少しばかり不向きなんです。

グリッドフォームローラーだと突起がトリガーポイントをちょうどよく刺激してくれるんです。ストレッチポールとの違いはそこなんです。と、かなりの情熱ですすめられました。笑

グリッドフォームローラーの突起横

ボコボコした突起と溝がトリガーポイントを絶妙に刺激してくれます。この刺激がたまりません。

追記します。
グリッドフォームローラーをオススメしてくれたトレーナーさんに「寝る前使うと疲れが取れてグッスリ寝れるんですよね」と言うと、「寝る前もいいけれど筋トレやトレーニングの前後に行うのも効果的ですよ。」と教えてくれました。

さらにさらに「筋トレをした後やランニングした後に、筋膜リリースをすれば、疲労回復につながるんですよ。」とか「筋膜リリースをすると、筋肉の柔軟性が高まり、筋肉が本来の可動域をフルに使えるようになるので、筋トレしたり、体を動かす時のパフォーマンス向上にもつながるんですよ。」と力説してました。

すげーなグリッドフォームローラー!

長瀬元気のレビューです。

まずグリッドフォームローラーの商品について詳細ですが、硬さと長さが3タイプあります。

まずは硬さです。

  • スタンダードモデル(黒、オレンジ、迷彩、ピンク、グリーン)
  • 硬質モデル(黒)

続いてサイズです。

  • ロングサイズ(全長:66cm/直径:14cm/重量:1300g)
  • ミドルサイズ(全長:33cm/直径:14cm/重量:604g)
  • ミニサイズ(全長:10cm/直径:14cm/重量:212g)

ロングサイズはオレンジのみ。ミドルサイズは全色。ミニサイズはオレンジとグリーンです。硬質モデルはスタンダードモデルの2倍の硬さと書いてあります。

僕が購入したのはスタンダードモデルのミドルサイズ色はオレンジです。ミドルサイズは手軽なサイズなのでジムに持って行ったり、旅行に持って行きやすい。しかも中が空洞なのでとっても軽いです。

グリッドフォームローラーの突起正目

突起のアップ。これがトリガーポイントを刺激してくれて気持ちいいんです。

使ってみた感想!良かったポイント

さて、ここからはグリッドフォームローラーを使ってみた感想、良かったポイントです。

  • 痛気持ちよくて最高!

最初にふくらはぎをゴロゴロしてみたのですが、超激痛で耐えられませんでした!使っているうちに少しずつほぐれていって、今はめっちゃ気持ち良い感じです。

全身使えるのでマッサージがてらコロコロしていると、凝っている箇所にボコボコしたグリッドの刺激が入って気持ちいです。1分ほど刺激してみると、すごくほぐれているのがわかります。

背中が一番気持ち良いのでコロコロしていると、やる前とやった後では背中の柔らかさが違うんです。ボコボコとした突起がカラダをほぐしてくれるので、やったあと背中の筋肉がトロトロに溶けているような感じになります。

  • 硬さもちょうど良い!

お店で売っているもので体をほぐしてみたときに、硬質タイプだと固すぎて痛いので長く使えないかもっと思ってスタンダードモデルを選びました。結果的にスタンダードモデルが正解でした。

長さもコンパクトなのでリビングでテレビを見ながらコロコロしたり、寝室でコロコロしたり、筋トレ後にコロコロできるので、ミドルサイズを選んで正解でした。硬さも痛すぎることもなく、疲れがたまっているポイントに効いているので、少し高かったですが、グリッドフォームローラーは買ってよかったです。

グリッドフォームローラーの立ててみた

ミドルサイズはコンパクトなので持ち運びしやすい。ジムに持って行くのも良いですし、旅行などにも持って行ける。

グリッドフォームローラーの使い方の動画です。

グリッドフォームローラーの使い方の動画です。4分54秒あたりの腰〜背中にかけての動きが腰や背中をほぐしてくれて最高に気持ちいいです。

動画の1分44秒あたりの太もも前がボクにとってめちゃ痛いポイントです。今まで感じたことがないような痛みですw

購入前の悩みポイント

グリッドフォームローラーを購入する前に悩むポイントはこの2つじゃないですか?
「硬さはどっちを選べばいい?」「長さはどのサイズを選べばいい?」

このポイントはすごく悩みました。

硬さはどっちを選べばいい?

硬さはどっちがいいのかな?これも購入前に頭を悩ませました。家の近くのスポーツ用品店で実際に確かめてみるのが一番です。硬質モデルはお店で使ってみてこれは僕にはちょっと合わないなっと思いました。
硬質モデルはスタンダードの2倍の硬さのモデルはよほど体が硬い人じゃないとおすすめできません。女の人や筋肉質じゃない人はスタンダードが良いんじゃないか何と思います。

長さはどのサイズを選べばいい?

全身がポールに乗るロングサイズか、コンパクトなミドルサイズか?このポイントも悩みました。ストレッチポールをジムで使っているのですが、やっぱりある程度の長さがないと使いにくいという印象がありました。ただミドルサイズでも十分使い勝手はいいので、今回ミドルサイズを購入して良かったと思っています。

調べていると、日本のアスリートや芸能人もグリッドフォームローラーを愛用している人が多くいました。浅田真央ちゃんはハンマー投げの室伏さんからグリッドフォームローラーをプレゼントされて愛用されていたり、嵐の松本潤さんがテレビでグリッドフォームローラーを紹介していました!テレビ局の控え室でコロコロしているそうです。慣れた感じで使っていたのが印象的でした。

まとめると、︎デスクワークのお仕事の方におすすめです

僕は寝る前に疲れているポイントを1分ほどコロコロしています。翌朝の疲れの取れ方が違いますよ。ジムで筋トレなどのトレーニングする人は日々の体のコンディションを整えることができますし、デスクワークでお仕事されている人は疲れをセルフケアできます。1日の疲れをグリッドフォームローラーでリセットする習慣で疲れ知らずです。
値段がそこそこしますが、マッサージを2回ほどいけばこれぐらいの値段するので、買って損なしの買い物だと思います。自宅で簡単にセルフケアするならグリッドフォームローラーおすすめですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*