ダイエット方法、運動なしで痩せるためには生活習慣を見直そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダイエットの方法、運動なしで痩せるために見直す生活習慣

「ダイエットのためには運動を20分以上続けないといけない」とよくいわれているので、痩せるためには運動をしないといけないと思っている人も多いと思います。ですが、ある事を改善すれば特別な運動をしなくても痩せることができます。

そのある事とは生活習慣の改善です。ほとんどの方が生活習慣の乱れによって、痩せにくい身体になっていることが多いです。今回は、生活習慣を改善する方法をご紹介します。

生活習慣を改善して痩せやすい身体になろう

運動しないで痩せるダイエットは生活習慣の改善です。今日からできる生活習慣の改善方法についてご紹介していきます。

水を1日最低2リットル飲む

水を1日最低2L飲みましょうと聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。そんなに飲む必要があるのかな?と思う人もいますよね。人の身体の60%が水分です。1日に消費される水分は2〜3リットルと言われています。汗や肌から蒸発するのが1リットル。便や尿などで排出されるのが1.3リットル。何もしていなくてもこれだけの水分が消費されていきます。

放っておくと脱水症状などに陥る危険性があるので、1日2〜3リットルの水を飲む必要があります。飲み方の注意として一気に飲まない事です。1日に何度かに分けて水を飲むようにしましょう。朝起きたら飲む、お風呂の前に、お風呂の後に、夜寝る前にという感じでこまめに飲むのがポイントです。さらに冷たい水ではなく常温の水を飲むようにしましょう。冷えた水を飲むと血管が収縮して、血液の流れがにぶくなります。そうなるとむくみが発生してしまうのです。水を飲む事で老廃物を尿や便と一緒に身体の外に排出します。水を飲む事でそれを促進することができるのです。

湯船に20〜30分間は浸かる

面倒だからとシャワーで済ませるという人も多いです。これでは痩せやすい身体になりません。湯船に浸かると「身体がリラックスし、入浴後眠りにつきやすくし、いい睡眠がとれる」というメリットがあります。

さらにシャワーではなく湯船に浸かるこで身体の芯まで温まります。身体の芯まで温まれば、内蔵が温まるので便秘改善の効果も期待できます。お風呂に入っていると汗をかくので、コップ一杯のお水をちびちび飲みながら入るとさらにいいでしょう。

さらにすごいのが消費カロリーです。30分入浴すると300〜400カロリーが消費されます。これは同じ時間ランニングしたときと同じ消費カロリーです。運動するよりも効率的に消費ができます。入浴をしっかりしていれば、よく眠れます。よく眠れれば、眠っている間に消費されるエネルギーも増えます。この習慣を繰り返していくことで痩せやすい身体を作っていくので、ぜひ取り入れていきましょう。

入浴後1時間以内に寝る

体重が減るのは日中の活動だと思っている人もいますが、実は寝ている間にも体重が減るのです。これは、人は眠るとまずは脳を休ませ、次にメンタル面のケアをして、そして内蔵や筋肉など身体の修復を行います。最後の内蔵や筋肉の修復を行うときにエネルギーを消費することで、結果的に脂肪が燃焼するのです。

だから寝ていないと、脳も休まらないし、メンタル面のケアもしないし、内蔵や筋肉の修復も行われないのです。当然エネルギーの消費もされません。身体に脂肪が蓄積され、痩せにくくなってしまうのです。

入浴後、だらだらとテレビを見てしまったり、スマホやパソコンを触って夜更かしする人がいます。せっかく入浴して寝やすい状況になったのに、これでは眠りを妨げてしまいます。そうならないように入浴後、1時間以内に寝るようにしましょう。

まとめ

運動なしで痩せるには生活習慣の改善が大切です。そのためにあなたの生活のなかで取り入れやすい方法を実行してみてください。まずはやってみること、そして継続してやってみることで、痩せやすい身体になっていきます。ぜひ取り入れてみてみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*